カープを応戦するために広島に行ってきました

広島カープの応援に行ってきた

人生の半分以上を広島カープファンとして、毎年関西からカープの本拠地である広島に行っています。

今年はこれまでと違いチームはリーグ首位を走っていたので、チケットが取れるか心配でしたが、初夏に行くことができました。

往復新幹線。

広島といえばやはりお好み焼きです。

到着してすぐ、広島駅ビルには、お好み焼き屋さんが軒を連ねる横丁のようなものがあるので、そこでいただきました。

ここはソースがオタフク、カープなど店によって違うので好みによって選べそうです。

ですがさすが、広島。昼過ぎだとどこの店もほぼ満席です。

チョイスした店は、一番列ができている店にしました。しかしお客さんの回転が早くすぐカウンター席に通されます。

チョイスしたのは一番オーソドックスな、豚玉焼きそば。オタフクの甘めのソースが、さらに食欲をそそります。ボリュームのある1枚でしたがペロリといただきました。

広島も午後になっていくと、カープのユニフォームを着た人がみるみる増えていきます。

そしてびっくりしたのは、駅の売店の店員さんたちが、みんなカープのユニフォームを着ていたこと。これまでそんな光景は見なかったので、今年の広島の街のカープへの期待度が伺えました。

結局その日の試合は負けてしまいましたが、その後チームは快進撃を続け見事リーグ優勝を成し遂げました。

ぜひクライマックスシリーズ&日本シリーズの時には、あのお好み焼きを食べにまた広島に行きたいと思います。

今年は日本一になることを期待しています。

(大阪のカープファン 一郎さん)